続・探仏記 ~探仏の旅は続く~

仏像探しに鉄馬童子は今日もゆく・・・

0泊3日の奈良探仏


深夜バスで早朝奈良に到着。
1日中これだけまわってこれから帰路へ。
只今帰りのバス待ち中。
疲れた~

五百羅漢

知人が入院したので見舞いに小田原へ。
その帰りに近くにあるここへ寄ってみた。

玉宝寺(五百羅漢)

出かける前にあることだけ調べて行ったので、どんな所なのかは知らなかったが、名前の通り羅漢像がたくさんあるんだろうと・・・・・

中に入ると・・・・・わぁ・・・・・結構人がいっぱい(そっち?)。ツアーなのか、堂内に動く羅漢(失礼、年配の方)が14~5名いて、しかも写真をバシバシ撮ってる(皆、一眼レフ!)。撮影できるなどと期待してなかったので、こちらはカメラを持参せず、しかたなくスマホで。しかし、撮影禁止とは書いてなかったが、あんなにフラッシュ撮影して大丈夫なのかと心配になる。

配置としては中央に五尊(阿弥陀三尊と二僧)、両脇は"П"の形の雛壇にズラ~~っと羅漢さん達。羅漢ズの上には大日如来、千手観音、地蔵菩薩なども(暗くてよくわからず)。

三十三間堂の整然とした感じはなく、大きさも作風も色彩もそれそれ異なり、まるで「オールスター感謝祭」(TBS)の回答者たちのようにも見えてくる。

近くにいたオバサン達が「知ってる人の顔あった?」みたいな会話をしてる・・・・たくさんいるとそういうことになるのね、どこでも。

気になる仏像があったか、と言われるとそもそも覚えてる仏像がまったく無いのだが、堂内の雰囲気がとてもよく羅漢さんたちのポーズや顔を眺めて回るだけでも面白い。

小さい多宝塔もあったがピンボケだったので画像は無し。地元・神奈川にもまだこういう知らないところはきっとたくさんあるんだろうな、と思いつつ帰路につく。ちなみに最寄駅は・・・・

そのまんまだけど、いいなぁ・・・・こういう駅名。


※帰宅後に調べたら、羅漢像は526体あるとのこと。

東博オールスターズ

先週の鎌倉は雨だったが、今日は晴れてよかった。

東京国立博物館
11室 140周年特集陳列 館蔵仏像名品選



今回の展示は館蔵仏特集ということで・・・・全て撮影可能!
こんなの初めてやぁ~~~(節度はわきまえてネ、節度は・・・・)

《レイアウト》



取りあえず全部撮影してみた。



その場ではうまく撮れたつもりだったが、相変わらずピンぼけ多数でガッカリ。
しかし、100枚くらいは撮ったかもしれない・・・・(節度はどうした?)



どれも一度は拝観しているが、今日のところはこの5躯が良かった!


愛染明王は技術的な完成度もさることながら、色も模様も装飾品も厨子も完璧なまでに残っていて、ほぼ往時のままの状態であることが凄い。入口付近の菩薩立像も同様だが、今回は愛染明王のほうがグッときた。


そして帰宅してからトーハク仏像選手権に「愛染明王」を投票。今のところ、2位につけてる。


ちなみに1室は西大寺・釈迦如来、薬師寺・聖観音レプリカ、3室は本證寺(愛知)・聖徳太子がそれぞれ展示してあった・・・・が11室のインパクトが強すぎて、もうサラッと見て終了。




大満足で東博を後にし、帰り際は東博帰りの3回に1回くらいは立ち寄るココへ。

両大師


入ってすぐ右側にある阿弥陀堂の「ふぞろいの三尊」(勝手にこう呼んでる)



いつもは閑散としてるのだが、今日はお参りに来ている人が10名以上いただろうか、少し賑わってた。本堂の扉も開いていて、少し中まで入ることができた。中央の厨子は閉まっていたが、その前に如意輪観音(たぶん)、両脇は不動三尊(左右で2組)。

重文の黒門はまだ工事中、でも覆いは取れてたのであと少しで完了か・・・・・


久々に充実した探仏デーだったな。

雨の鎌倉探仏

久々の更新。

雨の中、鎌倉へ。雨でも駅前から小町通りにかけて人でいっぱい。人ごみを避けて、参道へ。こちらは閑散としてるが、鶴岡八幡宮に着くとまた人が沢山・・・・・

太鼓橋を右側にそれて向かった先は・・・・・

鎌倉国宝館
古都鎌倉と武家文化

レイアウトは以下の通り <クリックで拡大>

今回注目したのは以下の仏像。

■瑞林寺・地蔵菩薩:今回の目玉。めったに拝観のチャンスがないのでラッキー。端正な顔立ち、バランスの取れた体躯、さすが康慶。
■養命寺・薬師如来:康慶地蔵の隣も慶派っぽい雰囲気の薬師、堂々たる体躯。神奈川にもまだまだレベルが高い仏像があるなぁ、と。
■浄光明寺・勢至菩薩:「法然と親鸞」展で三尊形式で拝観しているが、単尊だと全然違って見える。胸から腰にかけて衣文がヨレヨレに波打ってて特徴的、前回は気付かず。
■曹源寺・十二神将の巳神:願成就院・毘沙門天に通じる作風で小ぶりながら存在感あり。
■清雲寺・毘沙門天:これまた小ぶりながら慶派と思われる優品。大きめの兜と右手の短い戟が若干不釣り合いだが、解説の横に兜を外した写真があり、それを見る限りはなかなか良い顔立ち。鎧は隣の巳神に負けないくらいいい仕事ぶり。
■円応寺・初江王:言わずもがな鎌倉の誇る名仏。
■建長寺・宝冠釈迦如来:衣が台座の下まで長々と垂れている。
■常楽寺・観音菩薩:肥後定慶作の可能性がある、と。そうかなぁ・・・・あえて「らしさ」を見つけるとすれば両脇侍の宋風の襞が鞍馬寺・聖観音に似てる気もする。
■覚園寺・十二神将の戌神:動きは若干固いが独特の風貌が特徴。
■證菩提寺・阿弥陀如来:鎌倉仏の中にあって唯一平安仏っぱいおだやかな顔立ち。
■光明院・大威徳明王: 「運慶」展ではコーナーに展示してあって右面が良く見えなかったが、今回は右からも後ろからも見えて◎。ただ運慶作と言われても今ひとつピンとこない。
■佛法紹隆寺・不動明王:小さすぎてあまりよくわからなかったが、慶派と言われればそう見えなくもない。

その他として僧像が3躯並んでいたのだが・・・・寿福寺・明庵栄西→頭四角!、極楽寺・良観房忍性→鼻デカ!、瑞泉寺・夢窓疎石→衣を長々と垂らす・・・・とそれぞれ個性があって面白い。特に栄西は前にも拝観してるはずだが、改めてあの「お顔」が頭にインプットされた。

入った時がちょうど列品解説の最中で、殆どの人が奥側に移動していたため、15分ほどはほぼ独占拝観できて非常によかった。全体的にはちょっと地味な内容だったかなぁ・・・・

帰りは参道、小町通りを離れて西側の道を移動。人は少なくていいが、そのかわり車が多い。途中に寿福寺があったので寄ってみたが、中には入れないようだった。鎌倉の寺院にはそうやすやすとは入れてもらえないのだ。(入口がわからなかっただけかも)


この後、上野まで移動して東博に行こうと思ったが、雨も強くなってきたので断念。

駅のポスター

仕事で埼玉に行った際、駅でこんなポスターを見かけた。



足利尊氏 その生涯とゆかりの名宝 @ 栃木県立博物館


まめにいろいろな情報を集めてるつもりだが、
まだまだ知らないところで知らないイベントがやってるな、と。

帰宅後、改めて確認・・・・・仏像は運慶・作の大日如来2体の他にも十数躯、
といっても半分くらいは足利氏の尊像シリーズだったりする。
運慶・大日2躯はいつもペアで動いてる気がする。

期間中、こんな講演も・・・・・・

日時:11月10日(土曜日)
講師:山本勉氏(清泉女子大学教授)
「足利尊氏と仏像」

どんな内容か興味津々・・・・・でもたぶん行けない・・・・

栃木は遠い・・・・たぶん京都に行くのと同じくらいかかる・・・・残念。