備忘録として・・・・これまで拝観した『十二神将』をベスト10形式で記す。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10位 東大寺 《平安時代/木造/奈良/重文》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
奈良国立博物館でフルラインナップで拝観。動きがやや硬い。同じ東大寺の青面金剛とは作風が似通っている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9位 東寺 《桃山時代/木造/京都/重文》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
正確に言うと堂内では見てない、というかあまりよく見えなかった。東寺で買った仏本で全貌を知る。裏の1躯は絶対に見れないと思うけど、一応他の11躯は見える位置に配置してある。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8位 旧・辻薬師堂 《鎌倉時代/木造/神奈川/-》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現・鎌倉国宝館所蔵で確か一昨年に補修が完了したばかり。戌神が洋風な顔立ちで髪型も特徴的。子神の玉眼がギョロリとしてたのを覚えている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7位 秋篠寺 《鎌倉時代/木造/奈良/-》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
左右の雛壇(3段)に並んでいて後ろのほうはよく見えないのだが、小人が薬師三尊を守護しているようで、どことなくユーモラスな集団に見えて微笑ましい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6位 曹源寺 《鎌倉時代/木造/神奈川/重文》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鎌倉国宝館や東博でフルラインアップを拝観、曹源寺で拝観できるかは不明。慶派の特徴をよく表すが、特に巳神は運慶・作の願成就院・毘沙門天とも雰囲気が似通っていて素晴らしい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5位 室生寺 《鎌倉時代/木造/奈良/重文》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
通常2躯は奈良博に寄託されてるため、寺内では10躯しか拝観していない。こちらも秋篠寺仏のようにどこかユーモラスな雰囲気を醸し出している。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4位 新薬師寺 《奈良時代/塑造/奈良/国宝》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
十二神将といえば新薬師寺。これぞ一番有名な十二神将(4位だけど)。東大寺・戒壇堂と同様にほぼ等身大の塑像は迫力満点。伐折羅の立ち姿はいつ見てもカッコイイ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3位 旧・浄瑠璃寺 《鎌倉時代/木造/東京/重文》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京国立博物館に5躯、静嘉堂文庫博物館に7躯。まだ東博の5躯しか拝観したことがない・・・実仏12躯が一堂に揃ったらさぞかし凄いだろうなぁ・・・といつも夢見てる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2位 広隆寺 《平安時代/木造/京都/国宝》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長勢・作。作者が判明しているのは珍しい。平安仏らしく動きは少ないが、これまで見た中では一番洗練されている。広隆寺は沢山仏像があり1躯ずつきちんと見たとは言いがたく。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1位 興福寺 《鎌倉時代/木造/奈良/国宝》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これぞ慶派の十二神将!東金堂の中では一部が文殊菩薩・維摩居士の後ろで見えなかったりする。以前、堂内一周できる機会がありすべてをじっくり見て改めて凄いと感じた。




以下、圏外。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宝城坊(日向薬師) 《鎌倉時代/木造/神奈川/重文》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上段は重文、下段は不明。今まで見た中でもっとも動きがぎこちない。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
旧・太寧寺 《鎌倉時代/木造/奈良/-》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現・奈良国立博物館所蔵。三~四等身にデフォルメされてる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
興福寺 《平安時代/板彫/奈良/国宝》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
興福寺のもう一組の十二神将。国宝館に入ると右側の壁に並んでいる。



上記以外にも覚園寺仏/影向寺仏などはフルで拝観してる。
まだ見ぬ十二神将の中にもきっと凄いのがあるんだろうなぁ・・・今後に期待。


何で急に十二神将のネタになったのか・・・・・