8月27日から東博で『運慶・快慶周辺とその後の彫刻』と題した特集陳列が実施される。毎年恒例の運慶・慶派系陳列なのだが、今回のポイントは『快慶』とあること。

恒例の展示仏として……

・真如苑 大日如来(運慶)
・光得寺 大日如来(運慶)
・願生寺 阿弥陀如来(慶派)
・浄瑠璃寺伝来 十二神将(慶派・運慶説あり)
・曹源寺 十二神将(慶派)
・内山永久寺伝来 四天王眷属(康円)
……あたりが挙げられる。

今回、快慶またはその系統の仏像として考えられるのが……
・東京芸大 大日如来(快慶) ※ご近所にあるので…(貸してくれないか)
・真教寺 阿弥陀如来(快慶) ※関東圏にあるので…
・地蔵院 勢至菩薩・観音菩薩(快慶系統) ※関東圏にあるので…(奈良博にも出てたし)
・東博 阿弥陀如来(C-1860?) ※快慶系統だったような…
……あたりだろうか?

東大寺・阿弥陀如来とか、まさかのボストン美術館・弥勒菩薩なんて出展されたら最高(ありえないけど)。いずれにしても快慶といえば三尺阿弥陀なのでなにがしか出展されることを期待したい。


快慶の阿弥陀仏といえば、個人的なベスト3は以下の3躯。
東大寺 光台院 遣迎院(未見)

この3躯は保存状態もよく、快慶作の中でも美仏。実は3躯とも似たように思っていたのだが、作れられた時期、大きさや貌(かおつき)が結構違っている。

(左より遣迎院像、東大寺像、光台院像) 

東大寺像を基準とすると、遣迎院像は初期作で顔が四角く伏目がち。一方の光台院像は後期作で東大寺像に似ているが、もう少しふくよかな感じでおちょぼ口っぽい。像高は光台院像が少し小さ目。3躯以外も並べてみると、結構違った貌をしている。



今後の三尺阿弥陀を拝観する機会があれば、どれに近いか確認してみよう。
まずは東博の展示に期待。