またまた続き。

金沢文庫
愛染明王 愛と怒りのほとけ
『運慶』展以来、今年2度目の訪問。愛染明王展もこの日が最終日、あと数時間で終了・・・・鎌倉国宝館『鎌倉×密教』展と同日に行く予定だったが行けずにいた。まさに駈込み。

『鎌倉×密教』展のチケット見せで100円引き入館。館内はそれほど混んでいない・・・・東博とは違うなぁ。愛染明王をわざわざ最終日に見に来ようというのだ、きっとツウな方々に違いない、と勝手に思いながらまずは1階をサラッと。常設の十一面観音の左隣に種字愛染・・・・これまでであればスルーしてたと思うが、最近梵字がちょっと気になっていたので、この愛染の梵字もチェック。「ウン」または「ウーン」と発音するようだが、何度見てもまったく形が覚えられない不思議な造形。こういう覚えにくいものは結構好きだったりする。続けて2階へ。手前はガラガラだが、奥には人だかり・・・・どうやら解説員の方が説明をしている模様・・・・ということで説明が終わらないうちに見て回る。以下が今回のレイアウトだが仏像だけだとスカスカ状態。 <クリックで拡大>

前半は愛染明王の仏画オンパレード、比較的新しい画は愛染の赤い色が良く残っているが、古い画は黒ずんであまりよくわからないものもあった。もう少しよく見ようと思ったが、団体が解散する前に取りあえず仏像だけでも見ておこうと真ん中のガラスケースへ。

奈良の愛染明王が2躯並ぶ。右は西大寺の本尊のお前立ち、左は奈良博像。西大寺像は北川運長・作で本尊よりもっと怖い顔をしている。西大寺・愛染堂では本尊の周囲を別の愛染明王が囲んでおり、しかも堂内が薄暗いこともあり正直なところ本尊以外の愛染明王の記憶があまりなかった。なので、このお前立ち像が見れたのはよかったかもしれない。西大寺・愛染明王非公開寺でもこのお前立ちを拝観して、あぁあの時の!と思えるはず(まぁ、実はこのお前立ち像は過去に2回ほど拝観してるはずなのだが)。光背も外してあったため、背後からも拝観できた・・・・結構シンプルだったけど。一方の奈良博仏は快成・作、拝観は1年ぶりで赤が良く残ってて◎。2躯とも同じくらいの大きさだが、色も顔付きも異なる。

さて、今回一番の注目は奥側にあった醍醐寺の愛染明王。大きさは前述の2躯よりやや小ぶり、全体的に黒ずんでいる感じだったが、これがバランスといい表情といい素晴らしい!間違いなく名品でしょう。ただ、照明が若干暗くて見づらい感じがした・・・・(『運慶』展の時も感じたけど照明設備は何とかならないものか。正直普通の蛍光灯で照らしているだけなので貧相に見えることがあるし、見づらい部分もある。他の博物館などの過剰演出に慣れてるせいもあるが・・・・)

以上、3躯! 他にも極小仏が4躯、香合仏と呼ばれる開けると内側に愛染像が掘ってあるものが3個、レイアウトには載せなかったが懸仏もあったと思う。仏像目当てで来た方は若干肩透しだったと思われるが、自分的にはこの3躯、愛染仏画群、種字愛染などで十分楽しめた。

金沢文庫の最近の企画はいい所をおさえてる感じがする。さて、次回は・・・・

大威徳明王は是非左面が見えるような配置をお願いしたい・・・・


帰りは称名寺を経由。

称名寺
西日+浄土池。晴天で素晴らしい景色だった。

そして門は潜れなくなっていた・・・・

中の仁王像は相変わらず凄い迫力だった。(顔の部分が暗く画像は無し)


・・・・ということで日曜日の探仏は以上。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おまけで浄光明寺の話。先週行った際には愛染・不動の特別拝観は残すところ木曜・土曜のみだった。雨の日は拝観中止とあり、土曜は雨だったので、もしや日曜日まで拝観延長かと期待していた。twitterで確認したところ・・・・

・・・・残念ながら日曜拝観は叶わず。