春の嵐の中、久しぶりに東博へ。


━━━━━━━━━━━━
東京国立博物館
━━━━━━━━━━━━

まずはメインイベントへ。


特別展 飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―
円空仏はテレビや画像でしか見たことがなく、ほぼ前知識もない状態。1室のみの展示で所狭しと円空仏が並ぶ。会場はそこそこ人がいたが、窮屈なイメージはなく、割とゆったり見れた。印象に残ったのは以下の4躯。

不動明王 : 衣文が鱗のようになっていて超個性的。別の不動も同様
両面宿儺坐像 : 今回の目玉!大雑把な彫り方に見えるが、近くで見ると実に緻密
薬師如来立像 : 施無畏印がデカい!これまた他に類を見ない薬師
千手観音菩薩立像 : ひとつひとつの手が実に繊細でしなやか

形こそデフォルメされた個性的なものだが繊細で緻密な一面を持ち合わせ、慶派のリアリズムとは別次元の造形美にあふれていた。特に両面宿儺(すくね)坐像は秀逸で、菩薩などが割と平面的で温和な顔付きであるのと対極にあり、立体的な憤怒の形相で圧倒的な存在感を発揮していた。これって国宝級なのでは? 千手観音の一手一手もじっくり見てみたかった。

続いて平常展へ。


総合文化展 11室

全体的には地味だったような・・・・正直あまり覚えてないというか・・・・

入ると現在は上野動物園にある五重塔に安置されていたという釈迦如来。

続いて円空と木喰。円空は先ほど沢山拝観してきたので、この像はあまりインパクトなし。木喰は円空のようにデフォルメ造形だが、円空が角ばってる感じなのに対して、流麗さが加わり丸みがあるのが特徴。しかし、木喰は円空に影響を受けたんだろうと想像する。

この後はほぼ以前に拝観済みの仏像ばかり。中心には三十三間堂の千手観音。沢山のデフォルメ仏の後に見る仏像群は、何となく作りこみ過ぎのようでもあり、うまくて綺麗すぎるようにも見えてしまい変な気分。しかし、湛慶の千手観音はやはり素晴らしく、時代や形は違えどどれも逸仏は逸仏。



今回の東博は・・・・久々でちょっと期待し過ぎたかも。