続・探仏記 ~探仏の旅は続く~

仏像探しに鉄馬童子は今日もゆく・・・

奈良

0泊3日の奈良探仏(概要)

今回は1年間ご苦労様と自分を慰労する奈良の旅。初めて往復で高速バスを利用、22日の夜に出発、24日の早朝に帰宅という強行軍。いつもなら長々と書くところだが、あまり時間もないのでとりあえず概要をサラッと。



法隆寺

前回は金堂が改修中だったので、金堂内部に入って拝観するのは初めて・・・ただ金網越しの拝観でちょっと残念。大講堂の薬師三尊、五重塔の塔本塑像も記憶にないので初見だったのかな。一番印象に残ってるのは大宝蔵で拝観した地蔵菩薩。あのドッシリとした安定感がイイ。夢殿では救世観音の厨子は閉じていたが、行信・道詮という二僧の国宝像を拝観することができた(あまり記憶には残ってないが)。



中宮寺

4年前にも入口まで来たが本堂で法要があり断念。満を持しての拝観だったが、魅惑の(伝)如意輪観音とは微妙に距離があり、遠目に黒光りした美しさを感じるのみ。どちらかといえば近代的な本堂のほうがインパクトあった。



法起寺

こちらの十一面観音はまったく記憶になかったが、何とも大きく、そして金色に輝き堂々たる容姿。表情は仏頂面だが素晴らしい。脇にも数体の仏像が安置されていた(あまり覚えてないけど)。



長岳寺

初めて玉眼を嵌入した仏像で名高い阿弥陀三尊。康慶・作との見方もあるが、そもそも康慶の作風があまり理解できていないので、「らしい」か「らしくない」かわからない。本尊よりも向かって右側の観音菩薩の表情がキリッとして一番慶派らしい作風に思えた。反対側の勢至菩薩は、光のあたり具合なのかもう少し柔和な表情に見えた。いずれにせよ、慶派を知るには重要な仏像群。



安倍文殊院

快慶・作の文殊五尊。近づいて眼前に見上げる文殊菩薩には平伏すしかない。快慶の中でも好きな仏像で、何分でも見ていられる。優填王も現実離れした顔付きながら厳格な表情がリアルで素晴らしい。須菩提はあまり気にしたことがなかったが、近くで見ると左肩の衣がはだけて肋骨が浮き出てるところがこれまたリアル。維摩居士だけは後補で、衣紋の彫りも浅く快慶仏とは程遠い。



霊山寺

本尊・薬師三尊の厨子は閉じていたが、目的は周囲の十二神将にあった。ただ堂内が薄暗くよくわからなかったのが残念。絵葉書でも、と思ったがそれもなく少々ガッカリ。右サイドの大日如来、左サイドの阿弥陀如来(いずれも重文)は近くで拝観できた。



興福寺

最後は閉堂直前に駆け込んだ東金堂。いつもながらに十二神将は素晴らしいのだが、今回は四天王に着目。ギョロ目でズングリした体型と動きが少ない姿形が特徴的。文殊・維摩のペアもいいし、脇を名仏たちが固める最強布陣。日光菩薩の指が欠損してたのに今頃気づいた・・・そういえば薬師三尊はあまり注意して見ていなかったかも。


この後、東大寺・南大門にも行ってみたが、真っ暗でまったく何も見えず、ここで探仏終了。
詳細はまた別の機会にでも。

0泊3日の奈良探仏


深夜バスで早朝奈良に到着。
1日中これだけまわってこれから帰路へ。
只今帰りのバス待ち中。
疲れた~

関西旅行(1日目): ④奈良・東大寺南大門

18時過ぎていたが、まだ十分明るいので散歩がてら東大寺に。

東大寺
とはいえ、お堂は既に閉まってるので、南大門だけ見てきた。

365日天気も時間も気にせず運慶・快慶仏が見れるのはココだけ。

そのうちまたゆっくり見に来よう。



この後、再び奈良博に戻り、「ならファンタージア」というイベントを見てきた。なら仏像館の興福寺側で開催され、建物にライトを投影し音楽と共にストーリーが展開・・・・鳥がはばたくシーンが長くてちょっと中だるみする部分があったけど、それなりに迫力もありまぁまぁだったかな。




この日の宿泊は大阪・難波だったが・・・・昼間の奈良ぐらい暑かった・・・・

関西旅行(1日目): ③奈良博 『珠玉の仏たち』展

閉館まで残り30分、駆け足で拝観。

奈良国立博物館
なら仏像館・名品展『珠玉の仏たち』

中に入ると、昨年訪れた時と同じく、元興寺・薬師如来を中心に前方両脇に興福寺・広目天/多聞天に出迎えられ拝観スタート。

<クリックで拡大>


金剛寺・降三世明王: 修復前の写真と見比べると迫力が段違い。
室生寺・十二神将: 4年前に室生寺で見たのは10躯・・・ようやく残りの2躯に巡り会えた。
正寿院・不動明王: 伝快慶・作・・・いや、きっと快慶に違いない、と信じてる。
林小路町自治会・弥勒菩薩: こちらも快慶風だが、顔付きがちょっと違うなぁ。
奈良博・釈迦如来(清凉寺式): だいぶデフォルメされてる感じがするが、そこが個性的。
奈良博・如意輪観音: 小ぶりながら美仏。対角にある十一面観音も良かった。
興福寺・広目天: やはり一番はコレ。多聞天と比較するとかなり落ち着いた風情。

時間切れでミュージアムショップも2~3分見ただけで退館、ちょっと残念。

関西旅行(1日目): ②奈良博 『頼朝と重源』展

続いてお隣のコチラへ。(避暑地をリレー)


奈良国立博物館
特別展 頼朝と重源 -東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆-


快慶仏が一度にまとめて見れる良いチャンス!・・・だったが、石山寺・大日如来は8/5迄で既に去った後であった・・・残念。9月には東京に来るようなので、そちらに期待しよう。展示は意外と狭いスペースで、一巡して次の一部屋へ行ったらもうおしまい。

<クリックで拡大>


また、栃木・地蔵院の観音菩薩・勢至菩薩は慶派仏で坐像・立像の珍しい組み合わせなので是非見たかったが、こちらは8/21からでこれまたタイミングが悪い時に来てしまった。

運慶の2躯は既に拝観済、帝釈天は後年の彩色ながら良い。快慶の5躯のうち、未見だった耕三寺・阿弥陀は表面がだいぶ痛んでてあまり快慶っぽさも感じられず。また、僧形八幡神は何度見ても「作り物」的に見えてしまってどうもあまり好きになれない。東大寺の阿弥陀・地蔵は2躯とも優美で截金模様も素晴らしく今回の展示の中で一番良かったと思う。運慶作の重源像を中心に快慶仏3躯が左右後方を囲むフォーメーションもなかなか良かった。

慶派仏以外では、東大寺・勧進院阿弥陀堂の四天王が小ぶりながら良い仕事。神奈川・阿弥陀寺の文殊菩薩は、東博の文殊と類似性が指摘されていたが、確かに似てる。両方同時に展示してもらえると良かったのだが(東博仏は写真だけ)。


閉館60分前に入館して既に残り30分・・・・2周見て、なら仏像館のほうへ向かった。

関西旅行(1日目): ①奈良・興福寺国宝館

夏休みは2泊3日の関西旅行へ。

1日目は新大阪からスタートし午後は奈良へ移動。
強烈な暑さを避けるため、まずココへ。


興福寺・国宝館

昨年の夏来た時との差異として、入口付近の金剛力士頭部の先、角を曲がったところに新たな展示ケースが増設されており、出土品などが展示されてた。また、板彫十二神将や、その対角にある法相六祖のあたりにあった衝立のようなものが撤去され、まっすぐ進めるようになった。気付いたのはそれくらい。

今回注目したのは、最初のエリアの平安仏2躯。  <レイアウトは昨年拝観時、クリックで拡大>

釈迦如来と阿弥陀如来は共に平安後期から鎌倉時代に作られたいわゆる定朝様。興福寺では阿修羅はじめとする天平仏や、慶派仏にどうしても目がいってしまうが、こういう「佳作」もあったんだなぁ、と改めて感じた。単尊だったらもっと注目されていい仏像かも。

裏手にある小さな地蔵菩薩も慶派の特徴が顕著でなかなか良い。出口付近の弥勒菩薩半跏像も華やかで厨子の絵も◎。国宝館は良仏が豊富にあるので、何度来ても飽きることがない。

再びの奈良へ(詳細編):珠玉の仏たち

あれから1ヶ月、時がたつのは早い。
11/7~8の2日間の奈良旅行の初日、奈良博に行った時のことを思い出してみる。


奈良国立博物館 ※11月7日

名品展 『珠玉の仏たち』@なら仏像館


自転車がパンクしたり、館内の撮影で苦労したことは前回書いた通り
↓ 館内図は以下を参照。(クリックすると、詳細図が表示)


第1室を飛ばして第2室からスタート。

第2室〈如来〉
画像は奈良博蔵・如来像。この室ではまず元興寺・薬師如来が目を引く。さすが奈良博、国宝仏が常設という素晴らしさ。そして一番気になったのが奥の浄土寺・裸形阿弥陀如来。浄土寺と言えば快慶・作の阿弥陀三尊が有名だが、なんとコチラも快慶仏。最近、快慶には注目しているのだがこの時は「へぇ~、快慶ってこんなんもあるんだ」って感じだった。快慶云々は置いといたとしても気品があって秀逸。同じ浄土寺の中尊阿弥陀は写真で見る限り四角い顔付きであまり好みではないが、こちらはあまり角張ってなく、キリッとした眼が何とも凛々しい。

第3室 特別公開〈東大寺法華堂 金剛力士像〉
続いて第1室を横切り第3室へ。法華堂の2仏。法華堂では他の巨仏もいて圧倒されるが、博物館だと2躯だけでも迫力満点。特に阿形が大好きで、あの総髪立ちでシャウトする様は見てて気持ちイイ。

第1室〈観音菩薩〉
ここは見応えがあるエリア、見渡す限り観音・観音・・・・数が多い。まずはフロントに2躯、うち左側は妙法院(三十三間堂)・千手観音。東博では慶派・院派・円派の3躯が展示されていることがあるが、こちらは湛慶・作の1躯。まぁでも、この千手観音は千体ある中で拝観したい。右隣は元興寺・十一面観音で錫杖を持つ長谷寺式。右サイドを進むとポッチャリ体型の園城寺(三井寺)・千手観音、1年半前の国宝・三井寺展で拝観した、ハズ。中央の十字の台には4躯、右側には今回楽しみにしていた浄瑠璃寺・馬頭観音。こちらも2回目だが前回の記憶は殆どない。意外と小さかったが、忿怒相・四面八臂・火焔光背と好きな要素満載の逸仏、後方面が光背で見えなかった、残念。奥には新薬師寺・十一面観音、室生寺仏のような光背が特徴的。左サイドを進むと、奈良博蔵・如意輪観音(左上)。仏像ガールの本の表紙にも使われてたと思うが、バケツのような宝冠が面白い。如意輪観音は女性的な雰囲気なことが多いが、こちらは男性的。他に薬師寺・十一面観音や不空羂索観音などもあったのだが記憶になく。

第4室〈塑像と塼仏、中国の石仏〉
スルーしてしまった。

第5室・第6室〈菩薩〉
第5室には薬師寺・文殊菩薩があったようだがまったく記憶にない。拝観メモには「能満寺・虚空蔵菩薩と一具か」との解説を書き写してあった。薬師寺にもまだまだ知られてない仏像が結構あるのね。第6室に入り、左サイドの長命寺・地蔵菩薩は放射光背が美しい。林小路町・弥勒菩薩は「角顔・快慶風」と所感がメモ書きしてあるが思い出せない、すごく気になるなぁ・・・・。右サイドの個人蔵・観音菩薩はバケツ宝冠で旧・伝香寺蔵とのこと。

第7室〈明王〉
チラチラ見えていたのだが、この室はメインのひとつ。色彩的にも目立つ、奈良博蔵・愛染明王 (左)、保存状態が良く腕の位置・バランスが見事。快成という仏師の作だが、快慶の系統とは違うようだ。確かに慶派仏ではないような・・・でも◎。手前には不動明王が2躯、そのうち右側の正寿院・不動明王は本当に素晴らしい。まず、快慶・作の醍醐寺・不動明王に似てる、それは見た時にも気付いた。こちらとNYバーク・コレクションの不動明王は快慶・作とする向きもあるようだ。いずれにしてもこんなにスッキリ顔の不動は他では見ない。奈良博蔵・五大明王(右上)は小仏で可愛らしい。

第8室〈檀像、上代の金銅仏〉
右サイドの金銅仏はほぼスルー状態。ここでは左サイドの檀像群、奈良博蔵の3躯に注目。まず、如意輪観音(左)は第1室の男性如意輪とは異なり、気だるい女性の雰囲気を醸し出す(顔付は男性的とも見れるが)。十一面観音(中)は頭が少し大きい感じはするけど知的な顔立ちの美仏。そして国宝・薬師如来(右)、腫れぼったい目はどことなく元興寺・薬師にも共通してる。

第1室・第9室〈護法の天部形〉
いよいよ天部群、まずは四天王。奈良博蔵・毘沙門天(左)は無茶苦茶カッコイイ(ウワッ、幼稚な感想・・・)、仏像館の中で一番カッコイイ(もうイイって)。十一面観音の裏にある現光寺・四天王は顔が角張ってる。奈良博蔵・広目天(右)はあまり記憶にない。第9室の十二神将については既に別の記事で書いたのでそちらを参照
コチラから。
さて、このあたりまでが自分にとってはピーク。だいぶ時間をかけて見て来たので疲労気味。

第10室〈肖像〉
聖徳太子、南無仏太子などがあったが、ほぼスルー。

第11室〈神仏習合〉
薬師寺に隣接する休ヶ岡八幡宮の三神像は国宝。他に蔵王権現の群団や大将軍神(右)など。ここもスルー気味で。

第12室〈動物彫刻〉
ほぼ力尽きかけたところで文殊菩薩の台座であった獅子2躯が登場。右の獅子は以前に写真で見たことはあったが、どちらかと言えば犬的で大人しくまとまってる感じ。もう一方はどんな文殊が乗ってたんだろうと想像を巡らせるほどの威風が感じられる。対極的な獅子2躯は興味深い。それにしても文殊が不在なのは残念。

第13室〈仮面〉
力尽きて完全スルー・・・


あえてもう一度見たい3躯を選ぶと・・・
①浄土寺・裸形阿弥陀如来(第2室)
②正寿院・不動明王(第7室)
③浄瑠璃寺・馬頭観音(第1室)
となる。

あと、自分のメモ書きながら内容を思い出せないコチラも・・・
①’ 林小路町・弥勒菩薩(第6室): 本当に快慶仏似なのか?
②’ 春覚寺・地蔵菩薩(第6室): 愛染明王と同じ快成・作らしい、まったく記憶無し。
③’ 薬師寺・文殊菩薩(第5室): できれば能満寺・虚空蔵菩薩も一緒に。
・・・再度確認したいという意味で。


東博もいいけど、奈良博は更に凄い。また行きたいねぇ。ところで京博はどうなんだ?

再びの奈良へ(番外編):4組の十二神将

もうだいぶ前で忘れかけてるけど、11/7~8の2日間の奈良旅行では4組の十二神将に出会った。

初日は奈良国立博物館で2組。

①奈良博所蔵(大寧寺薬師堂伝来)

40~50cm高で4~5頭身の体型のせいか、若干コミカルに感じる。
ポーズは全体的に鎌倉国宝館所蔵の十二神将に似てるような気がする。

②東大寺(うち6躯)

もう記憶の彼方に・・・なのだが、全体的に動きは少なかったと思う。自分のメモには「右上げ・左上げ・右剣(持)・右剣(構)・左宝珠・眺望」とあったが・・・もう少しまともな情報が書けないものか。上の画像はメモを元に当てはまるポーズを集めてみた。東大寺仏ということでかなり期待したが、う~んという感じだった記憶は残ってる。でも確認のためもう一度見てみたい。


二日目は興福寺と秋篠寺で1組ずつ。

③興福寺

今回の十二神将の中で一番楽しみにしていたのがここ。国宝の十二神将は3組しかないらしい(新薬師寺、広隆寺、興福寺;板彫仏を除く)。東金堂では他の仏像の陰で目立たないが、今回はお堂の側面・背面に回り込んで拝観できるので、個々をバッチリ見ることができた。剣を振りかざす伐折羅(左から2番目)、遠くを望む毘羯羅(右)がお気に入り。もう少し小ぶりかと思ったが、1m超の堂々たる仏群であった。レイアウトはコチラ

④秋篠寺

秋篠寺では大元帥明王がお目当てであったが、本堂の十二神将も気になっていた。やや小ぶりな仏群で動きは少なかったが特徴があって良仏。画像の薄い部分は想像で追加。(秋篠寺さん>ポストカードに是非十二神将も入れてくださいな。)レイアウトはコチラ


今回の旅では興福寺仏が良かったねぇ。自分の中では新薬師寺仏・室生寺仏と共にベスト3に入る。

これから見てみたい十二神将は、広隆寺仏(一度見たはずだけど記憶にないし)、神護寺仏、そして浄瑠璃寺伝来仏。浄瑠璃寺伝来仏は東京国立博物館の5躯は見ているが、残りの静嘉堂文庫美術館蔵の7躯が未見、できれば12躯揃って拝観できるといいんだけどねぇ。修理中の浄瑠璃寺・三重塔に薬師如来が戻った際には、一度全部里帰りさせてはいかが?

画像出典: 奈良博HP、興福寺HP、書籍

続きを読む