続・探仏記 ~探仏の旅は続く~

仏像探しに鉄馬童子は今日もゆく・・・

快慶

快慶…三尺阿弥陀の貌

8月27日から東博で『運慶・快慶周辺とその後の彫刻』と題した特集陳列が実施される。毎年恒例の運慶・慶派系陳列なのだが、今回のポイントは『快慶』とあること。

恒例の展示仏として……

・真如苑 大日如来(運慶)
・光得寺 大日如来(運慶)
・願生寺 阿弥陀如来(慶派)
・浄瑠璃寺伝来 十二神将(慶派・運慶説あり)
・曹源寺 十二神将(慶派)
・内山永久寺伝来 四天王眷属(康円)
……あたりが挙げられる。

今回、快慶またはその系統の仏像として考えられるのが……
・東京芸大 大日如来(快慶) ※ご近所にあるので…(貸してくれないか)
・真教寺 阿弥陀如来(快慶) ※関東圏にあるので…
・地蔵院 勢至菩薩・観音菩薩(快慶系統) ※関東圏にあるので…(奈良博にも出てたし)
・東博 阿弥陀如来(C-1860?) ※快慶系統だったような…
……あたりだろうか?

東大寺・阿弥陀如来とか、まさかのボストン美術館・弥勒菩薩なんて出展されたら最高(ありえないけど)。いずれにしても快慶といえば三尺阿弥陀なのでなにがしか出展されることを期待したい。


快慶の阿弥陀仏といえば、個人的なベスト3は以下の3躯。
東大寺 光台院 遣迎院(未見)

この3躯は保存状態もよく、快慶作の中でも美仏。実は3躯とも似たように思っていたのだが、作れられた時期、大きさや貌(かおつき)が結構違っている。

(左より遣迎院像、東大寺像、光台院像) 

東大寺像を基準とすると、遣迎院像は初期作で顔が四角く伏目がち。一方の光台院像は後期作で東大寺像に似ているが、もう少しふくよかな感じでおちょぼ口っぽい。像高は光台院像が少し小さ目。3躯以外も並べてみると、結構違った貌をしている。



今後の三尺阿弥陀を拝観する機会があれば、どれに近いか確認してみよう。
まずは東博の展示に期待。

東京初!近江路の神と仏展

奈良国立博物館の『頼朝と重源』展では展示替えにより快慶・作の大日如来(石山寺)が不在でガッカリ。しかし運良く東京にやってきてくれたので、早速行ってみた。

三井記念美術館
琵琶湖をめぐる 近江路の神と仏 名宝展
東京(巡回しません)ってポスターに書いてある。この美術館に来たのは約2年ぶり、『奈良の古寺と仏像展~會津八一のうたにのせて~』展以来。地下鉄銀座線・三越前駅と直結してるので電車から降りて上に行けばすぐ美術館という便利なところ(前回は東京駅からだいぶ歩いたような記憶が・・・) 入館して最初のエリアは金銅仏や仏具など・・・・一気にターゲットである展示室4まで進んで仏ゾーンへ。
まず入って右側、①如意輪観音からスタート。③阿弥陀如来の解説で造像時期について「藤末鎌初」とある・・・・藤原末期~鎌倉初期ということだと思うが、この言い方は初めて目にした・・・・で肝心の阿弥陀仏はあまり記憶なし。


<クリックで拡大>
千手観音あたりから近江っぽい感じに・・・・地方仏特有の泥臭さは無いが、京仏・奈良仏に比べて質素というか・・・・表現が難しいが書籍で近江仏を見てきたイメージがあるので、それにマッチしてきたような・・・・続いて近江と言えば「白洲正子」、白洲正子と言えば「十一面観音」、ということで十一面観音が4躯並ぶ。中でも⑦飯道寺仏は大きな特徴はないものの均整が取れてて一番よかった。隣の⑧円満寺仏は頭上面の彫りが荒く数珠つなぎになってる感じ。⑨櫟野寺仏は頭上面が欠失。

後半は不動明王が2躯、十九観の⑬不動(延暦寺)、大師様の⑭不動(園城寺)。この辺りから今日のメイン仏へ・・・・・まずは⑮地蔵菩薩は快慶の弟子である栄快・作、クールな表情のイケメン地蔵だった。続いて楽しみにしていた2躯、⑯薬師如来(西教寺)は『日本の美術~京都の鎌倉時代彫刻』の表紙になっていたので気になっていた。量感はあるが、目がキリッとしいて精悍な感じがする。薬壺を胸前に掲げるのは獅子窟寺の薬師と似ている。元々は宝珠を持っていたらしいが、そうなると益々同じ。そして快慶・作の⑰大日如来(石山寺)。阿弥陀仏以外の快慶の如来像は初めて。快慶の初期仏とのことだが、そうなると運慶の初期仏である円成寺・大日如来ともどうしても比べたくなってしまう。並べてみると・・・・・

・・・・体躯の幅や衣文線、印を結ぶ位置、髻の高さなどほぼ同じ仕様に思える。どちらがいい悪いはないが、並べると運慶仏のほうが存在感は感じるかも。ただ、この展示の中では快慶の大日如来の存在感がピカイチなのは間違いなし!隣の西教寺・薬師の衣文線もどことなく快慶・大日のものに似通っており、顔付きや体躯からして書いてはいないがこれは慶派・作。この2躯だけでも来た甲斐あり。

最後に本地仏として4躯の如来・菩薩が並んでいたが、どれも眼がはれぼったい感じ。作風はほぼ同じでオリジナルは12躯あったようだが、現在は9躯あるとのこと・・・・9躯並んでたら圧巻なのではないかと・・・・千手の各手の丁寧な作りと頭上面の細かい彫りは見るべきものがあり、隣の十一面観音は逆にやや雑な感じがした。

3周ほどグルグル回って退館。またひとつ快慶仏を見ることが叶って良かった。階下では写真パネル展(無料)が開催されており、十二神将の写真が目にとまった。近江・・・・侮りがたし。


続いて、前回同様に東博へ・・・・・

関西旅行(3日目): ①高野山・遍照光院

旅も3日目。前日はこちらに一泊お世話になった。


遍照光院

何と立派な門構え。ここに泊まろう!と思ったわけではなく、たまたまツアーパックで予約したら宿泊がここだったという偶然。宿泊者しか拝観できない快慶の阿弥陀如来があるので泊まれたのは幸運。宿泊の感想などは別に書こうと思ってるので、ここは仏像拝観ネタで。


朝6:30。宿泊者がぞろぞろと本堂に集まってくる。正式には護摩堂で本堂と棟続きになってる。一番左に陣取り、前方に目を凝らすが・・・・・いない・・・・・快慶の阿弥陀如来ではなく、中央には不動明王。そして勤行が始まる・・・・割と・・・・長い・・・・30分ほど読経が続き、我々はそれを後方で座って見てるのみ。最後に焼香してお勤めは終了。この後、ご住職とおぼしき方は退場され、脇にいたもう一人の僧侶が堂内を案内してくれた。

まず、勤行のあった護摩堂。本尊は不動明王で、その前には倶利伽羅(くりから)という剣に絡んだ龍がいて、不動が三毒を払った剣を炎で焼き尽くしながら飲み込んでる姿らしい。龍が前にあったので不動明王自身はよく見えず。両脇は大日如来と地蔵菩薩(半跏)、他に右手には案内はなかったが菩薩形の仏像もあった。

続いて、隣の本堂へ移動。中央には阿弥陀三尊。その裏手に回ると快慶・作の阿弥陀如来がポツンと置かれてた。照明などは点いてないので、正直なところあまり良く見えなかったが、それでも快慶らしい切れ長の目で、東大寺俊乗堂(一日目)や光台院(二日目)の阿弥陀如来と同様の安阿弥陀仏。目と額の白毫が暗い空間に白く浮かびあがっていたのが印象的。ただ細かいところはあまりよくわからなかったのが残念。通常は博物館に行かれてて留守にしてることが多いが、たまたま戻られてる、といった説明があった・・・・いつもはどこいるんだろうか?聞いてくるの忘れた。本堂から出ると展示ケースに快慶・阿弥陀のポストカードがあったので、寺務所で所望したのだが今は置いてない、とのことで入手はできなかった。

WEB画像を用いて雰囲気を再現↑
まぁ、しかし初めての宿坊だったが、仏像拝観付きというのは素晴らしい特典。
(ほんとは修行の一環なんだけど・・・・)

門の両脇屋根下にある彫刻・・・・凝ってる。

関西旅行(2日目): ⑦高野山霊宝館(1)

いよいよ高野山のメイン会場へ(勝手にメインとしてるだけだが・・・)

高野山霊宝館
清盛時代の高野山

霊宝館は大きくは新収蔵庫と、紫雲殿・放光閣の2ヶ所になっている。館内図はコチラ

まずは入口から左側に曲がったところにある新収蔵庫。鎌倉時代以降の仏像が中心。入ると丈六の①阿弥陀如来、隣に背丈より高い②不動明王と続く。下の画像は外にある霊宝館の看板を撮ったもの。最初に入るとこんな雰囲気。

新収蔵庫のレイアウトは以下を参照(仏像のみ記載)。③不動明王は快慶風で、醍醐寺や正寿院の不動と雰囲気が似てるが時代はもう少し後のもので快慶の弟子筋の作となるようだ。④不動明王は平安仏で壇上伽藍にあった国宝・不動堂の旧・本尊、往時は運慶・作の八大童子と共に祀られていた。⑤愛染明王は新しめで少しおとなしくも感じるが割と佳作。大日如来が今ひとつ思い出せない。
<クリックで拡大>


続いて快慶仏が5躯。⑦深沙大将は5月に東博で拝観、相変わらず凄い形相で一番動きがある。続く⑧四天王は初見、持国天が戟を、増長天が短剣を持っており通常の四天王と逆、いつの頃からか持国天と増長天が逆に呼ばれるようになってしまったらしい。この中では広目天が快慶、他は弟子の作とされてるが、確かに広目天だけ別格の出来栄え。4躯揃ってることが素晴らしいのだが、広目天が三歩くらい抜きんでてる感じ。いや~やっと拝観できた・・・・・ここまで来た甲斐あり。

真ん中の部屋をスルーして、次はいよいよ運慶の八大童子!といってもフルではなく、⑩恵光童子(えこう)、⑪烏倶婆伽童子(うぐばが)の二童子のみ。しかし、そのクォリティの高さにビックリ。快慶仏も良かったが、感情まで見えてきそうな微妙な表現を感じ取ることができる。彩色も良く残っており、そして一番印象的なのは玉眼・・・・本当の眼に睨まれているようなリアルさ。八大童子はすべて腰を左右どちらかに軽く捻っているが、それは修行僧のほうを向くようになっているためとの事。不動明王を中心とした精鋭八童子に睨まれたら身が引き締まること必定だろう。やっぱり運慶は一段違うと感じた。二童子でこれだけインパクトあるんだから、八童子全てそろったらどうなることか・・・・(そのうちの二童子は後補作だが)。この2躯は仏像の最高峰と言っても過言ではないだろう。さすが国宝。

この部屋には端っこに大日如来があったのだが、これまた思い出せない。運慶仏があまりにもインパクト強すぎたので、他の印象が薄いのも仕方ないことだろう。霊宝館には他に快慶・作の孔雀明王と執金剛神(修復中?)があり、あと少しでコンプリートだったが、また次の機会に期待したい。また八大童子が一堂に集まった時は是非来てみたいものだ。

続く。

関西旅行(2日目): ⑤高野山・光台院

大門から壇上伽藍を通り、大師教会・六時の鐘などを通過し、昼食の後は約束の地へ。
最初に行った金剛三昧院はメイン通り南側にあったが、今度は北側の閑静なエリア。


光台院

光台院といえばこの本の表紙にもなっているが快慶・作の阿弥陀三尊(表紙は勢至菩薩?)。前日に電話で拝観をお願いしていた。お寺に電話するのは初めてだったかもしれない。午前中は法事があるとのことだったので、午後一で伺う旨を伝えておいた。門には「高野御室」とあり、御所とも繋がりを持っていた由緒正しい寺院。
<クリックで拡大>

『仏 光 座を完備した快慶作中でも最善美の・・・・』と書いてある、期待せずにはいられない。

約束の時間10分前くらいに到着し呼び鈴を鳴らす。女性が応対に出て来られたので名前を告げると、少し待った後に本堂へ案内してくれた。中に入るとまずは中央に坐して焼香。その間にろうそくを灯してくれ、薄明りの中に快慶仏が浮かび上がる。そして前のほうに導かれて目の前で拝観。暗めだが顔立ちなどははっきりわかるレベル。
 ↓ WEB画像を用いて雰囲気を再現

・中尊は典型的な安阿弥様、東大寺仏にも引けを取らない優美さ。
・両脇侍の二菩薩は更に小仏ながら表情も素晴らしく、むしろ本尊より目を引く。
・光背の細工も非常に細かく、素晴らしい。
・三尊のバランスが絶妙。

快慶晩年の作との説明があったが、ある意味快慶のこれまでの集大成であり最高峰の作と言ってもいいだろう。それを独占拝観できるんだからこれ以上贅沢な時間はない。そう言えば、案内の方と冒頭の『高野山』の表紙の話題になった時、阿弥陀さんも写していったのに脇侍の菩薩さんだけでしか載ってないんですよね、と言われてた。それくらい脇侍もレベルが高い、と。

特に拝観料などがないため、「志納」になるのだが、こういう時の渡し方が実はよくわからない。何もせずというのも失礼なのでポストカードセット700円と朱印300円とわずかな賽銭を入れてきた・・・・これで良かったのだろうか。

帰りには案内してくれた方が玄関まで見送って下さった。門を出るところで振り返るともう一礼して下さったので、こちらもお礼を返して光台院を後にした。何だかとても清々しい拝観だった。

関西旅行(1日目): ④奈良・東大寺南大門

18時過ぎていたが、まだ十分明るいので散歩がてら東大寺に。

東大寺
とはいえ、お堂は既に閉まってるので、南大門だけ見てきた。

365日天気も時間も気にせず運慶・快慶仏が見れるのはココだけ。

そのうちまたゆっくり見に来よう。



この後、再び奈良博に戻り、「ならファンタージア」というイベントを見てきた。なら仏像館の興福寺側で開催され、建物にライトを投影し音楽と共にストーリーが展開・・・・鳥がはばたくシーンが長くてちょっと中だるみする部分があったけど、それなりに迫力もありまぁまぁだったかな。




この日の宿泊は大阪・難波だったが・・・・昼間の奈良ぐらい暑かった・・・・

関西旅行(1日目): ③奈良博 『珠玉の仏たち』展

閉館まで残り30分、駆け足で拝観。

奈良国立博物館
なら仏像館・名品展『珠玉の仏たち』

中に入ると、昨年訪れた時と同じく、元興寺・薬師如来を中心に前方両脇に興福寺・広目天/多聞天に出迎えられ拝観スタート。

<クリックで拡大>


金剛寺・降三世明王: 修復前の写真と見比べると迫力が段違い。
室生寺・十二神将: 4年前に室生寺で見たのは10躯・・・ようやく残りの2躯に巡り会えた。
正寿院・不動明王: 伝快慶・作・・・いや、きっと快慶に違いない、と信じてる。
林小路町自治会・弥勒菩薩: こちらも快慶風だが、顔付きがちょっと違うなぁ。
奈良博・釈迦如来(清凉寺式): だいぶデフォルメされてる感じがするが、そこが個性的。
奈良博・如意輪観音: 小ぶりながら美仏。対角にある十一面観音も良かった。
興福寺・広目天: やはり一番はコレ。多聞天と比較するとかなり落ち着いた風情。

時間切れでミュージアムショップも2~3分見ただけで退館、ちょっと残念。

関西旅行(1日目): ②奈良博 『頼朝と重源』展

続いてお隣のコチラへ。(避暑地をリレー)


奈良国立博物館
特別展 頼朝と重源 -東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆-


快慶仏が一度にまとめて見れる良いチャンス!・・・だったが、石山寺・大日如来は8/5迄で既に去った後であった・・・残念。9月には東京に来るようなので、そちらに期待しよう。展示は意外と狭いスペースで、一巡して次の一部屋へ行ったらもうおしまい。

<クリックで拡大>


また、栃木・地蔵院の観音菩薩・勢至菩薩は慶派仏で坐像・立像の珍しい組み合わせなので是非見たかったが、こちらは8/21からでこれまたタイミングが悪い時に来てしまった。

運慶の2躯は既に拝観済、帝釈天は後年の彩色ながら良い。快慶の5躯のうち、未見だった耕三寺・阿弥陀は表面がだいぶ痛んでてあまり快慶っぽさも感じられず。また、僧形八幡神は何度見ても「作り物」的に見えてしまってどうもあまり好きになれない。東大寺の阿弥陀・地蔵は2躯とも優美で截金模様も素晴らしく今回の展示の中で一番良かったと思う。運慶作の重源像を中心に快慶仏3躯が左右後方を囲むフォーメーションもなかなか良かった。

慶派仏以外では、東大寺・勧進院阿弥陀堂の四天王が小ぶりながら良い仕事。神奈川・阿弥陀寺の文殊菩薩は、東博の文殊と類似性が指摘されていたが、確かに似てる。両方同時に展示してもらえると良かったのだが(東博仏は写真だけ)。


閉館60分前に入館して既に残り30分・・・・2周見て、なら仏像館のほうへ向かった。

貞慶展

貞慶とは何者か?
「慶」がつくのでまるで慶派の仏師のようだが・・・
鎌倉時代に奈良で活躍した僧で「解脱上人」と号す。
興福寺→笠置寺→海住山寺と活動していたようだ。
その貞慶ゆかりの仏像・仏画などの名宝を一同に
集めた特別展が金沢文庫で開催中。


金沢文庫
解脱上人 貞慶 鎌倉仏教の本流


仏像の配置は以下の通り。<クリックで拡大>



最初に目に入るのが中央3ケースの7躯、右から・・・
弥勒菩薩(東大寺中性院):(自分の中で)今回目玉の1躯で慶派仏師の作と考えられる。先日のボストン美術館展で見た快慶・作の弥勒菩薩も良かったが、こちらも洗練されてて引けを取らない逸仏。右足を半歩前に踏み出す。
釈迦如来(峰定寺):上記の弥勒菩薩と顔付きが似通っており、こちらも慶派仏師の作と考えられるようだ。小仏ながらいい表情してる。
四天王(海住山寺):東大寺大仏殿の旧四天王像と同等の姿と考えられる。色が鮮明に残っており、こちらも小仏ながらいい仕事。持国天・増長天は正面、広目天・多門天は裏面を向いて配置されてる。
阿弥陀如来(東大寺俊乗堂):截金模様は何度見ても素晴らしい!快慶の三尺阿弥陀の中では最高峰。(これだけ展示は明日(7/1)まで)


続いて左から・・・
十一面観音(海住山寺):今回唯一の平安仏でズングリ体形ながら癒しの表情。
釈迦如来(東大寺指図堂):善円・作、奈良博で一度拝観済み。小仏ながら貫禄あり。
十一面観音(現光寺):鎌倉仏だが平安調、体つきは華奢だが背筋をスッと伸ばし精悍な顔立ち、頭上の十一面が王冠のよう。東大寺・弥勒と共に印象に残る1躯。

残り3躯はオール善円・作。
地蔵菩薩(薬師寺):雲坐が特徴的でSFチック。腰を捻るというより右側に傾いてる感じ。
十一面観音(奈良博):小仏だが頭上面の仕事が細かい。中性院仏に同じく右足半歩踏出し。
文殊菩薩(東博):東博で拝観したことがある。文殊の立像は珍しい・・・と解説にあり、確かに。
この十一面と文殊は当初一具だった可能性もあるとのこと・・・・色合いは除いて確かに雰囲気は似通ってる。

実はかなり急ぎで拝観してたので、結局貞慶のことは良くわからず。
冒頭の文はパンフの受け売り・・・・もう1回来たほうがいいかも。


続いては金沢文庫に来た時は恒例・・・・・・


称名寺

天気もよく、日陰は涼しく・・・・癒しの空間。

仁王はいつ見ても迫力満点、神奈川の誇れる仏像。

本堂で法事があり、少しだけ扉が開いており、中の様子を窺うことができた。
中央厨子には金沢文庫にレプリカがある弥勒菩薩!しかし残念なことに胸から足元にかけての衣文しか見えず。称名寺は何度か来ているが、本尊の厨子が開いてるのは初めて。厨子両側には二天。皆、中を覗きこんでた。

今回は車で来たのだが金沢文庫には4台しか駐車スペースがなく、しかも満車だったので歩道脇に停めて連れに車を見ててもらっての拝観だったため、かなり短縮拝観になってしまった。電車で来たほうがゆっくり見れたなぁ・・・・もしかしたら称名寺付近は停めれたかも。


さて、上半期の探仏は四天王寺・ボストン美術館展・日向薬師・今回と4回のみ。
下半期はもう少し出かけたい・・・・・忙しくなければ。

ボストン美術館展で快慶仏に出会った

3ヶ月更新が滞っていたが、特にイベントがなく・・・・
GW真っ只中、満を持して東博へ!


東京国立博物館
東京国立博物館140周年特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝
11時少し前に到着、既に20分待ちの列。

並んでる最中に雨がパラパラ降ってきたが、その後すぐに入場。

展示室に入るといきなり仏画・仏像のセクション。仏画は人だかりがしていたので、取りあえず飛ばして仏像のほうへ。人はいるが割とすぐに前があいて回転が良い。いきなり、快慶のデビュー作(?)の弥勒菩薩。想像より小さかったが、東大寺の阿弥陀如来・地蔵菩薩と同じくらいの大きさだろうか、金が眩しいくらいに良く残ってる。表情は若干大人しめ、まだ快慶らしさがバリバリでている感じではないが、このうえなく優美な逸仏。元々、興福寺にあったようだが、どのお堂に安置されてたものか。国外に出てしまったとは言え、状態良く残っていて◎

その他は平安時代のガッチリした体格の菩薩立像、錫杖を斜めに持つ円慶(慶派と思われる)の地蔵菩薩、快慶仏を模したと思われる奈良仏師・康俊作の僧形八幡神の3躯。
仏像はこの4躯のみ。

どのセクションもかなりの人だったので、全体をかいつまんで見た感じになってしまったが、一番ツボだったのは最後のセクションの曽我蕭白(そがしょうはく)。その「奇才」ぶりを如何なく発揮した作品の数々。特に「風仙図屏風」(上)、「龐居士・霊昭女図屏風 」(下)の2点がインパクト大!漫画チックな感じもあり、人物もどこか飄々としているが、細部へのこだわりも物凄い。時間が許す限り隈なく見ていたい感じだった。帰り際にミュージアムショップで小さめの作品集を購入、この後ゆっくり見る予定。




続いて本館へ移動。


本館11室
入るといきなり新たに重要文化財指定されたばかりの高野山金剛峯寺・深沙大将(「じんじゃだいしょう」と発す)。こちらも快慶・作と考えられる。ドクロの首輪を下げ、左腕に蛇が絡み、象の膝当て、臍の辺りには人面(?)、大きく翻る衣に金剛力士のようなポーズ・・・・異様な緊張感を漂わせている。この前に立つ人は必ず「ワァ、これ凄い」と驚いている。高野山まで行かなくても拝観できたのはラッキー。相棒の執金剛神も一緒だったら更に良かっただろうけど、それはまた今度の機会に。
<撮影禁止のため画像はWEBより>


大田区蔵の帝釈天(左から3番目)と不動明王(左から2番目)、如意輪観音(左)と続く。法隆寺の不空羂索観音(画像なし)は腕が1本欠失。入口から見て右サイド奥にはこちらも文化財指定された弥勒仏(右)、頭髪が青い。

薬師如来(左)は以前も拝観済み。左サイドには毘沙門天(中)、吉祥天(右)、そして新規文化財指定の天王立像(画像なし)。

メインは重要文化財に指定された曹源寺・十二神将が巳神を中心としたフォーメーションで居並ぶ。以前は撮影OKだった一群だが、今回は撮影NGになっていた。文化財指定されると扱いが変わるのか・・・・・ちょっと残念。せっかくカッコよく並んでるんだらから記念に1枚欲しかったけど。ウロ覚えだけど↓こんな感じだったような・・・・レイアウト図と違う気もするが



その他・・・・・

本館1室
西大寺の釈迦如来。お久しぶり、相変わらずの吊り目。



本館特別2室・平成24年 新指定 国宝・重要文化財
11室にも4組の新指定仏があったが、こちらにも。

気になったのは2躯。千手観音は横幅が広~いのが特徴的。鎌倉時代の愛染明王も良仏。



ボストン美術館展の4躯より、11室の快慶・深沙大将のインパクトが強かった。
久々に良仏に巡り会えた日だったなぁ。