続・探仏記 ~探仏の旅は続く~

仏像探しに鉄馬童子は今日もゆく・・・

東博

円空仏と初対面

春の嵐の中、久しぶりに東博へ。


━━━━━━━━━━━━
東京国立博物館
━━━━━━━━━━━━

まずはメインイベントへ。


特別展 飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―
円空仏はテレビや画像でしか見たことがなく、ほぼ前知識もない状態。1室のみの展示で所狭しと円空仏が並ぶ。会場はそこそこ人がいたが、窮屈なイメージはなく、割とゆったり見れた。印象に残ったのは以下の4躯。

不動明王 : 衣文が鱗のようになっていて超個性的。別の不動も同様
両面宿儺坐像 : 今回の目玉!大雑把な彫り方に見えるが、近くで見ると実に緻密
薬師如来立像 : 施無畏印がデカい!これまた他に類を見ない薬師
千手観音菩薩立像 : ひとつひとつの手が実に繊細でしなやか

形こそデフォルメされた個性的なものだが繊細で緻密な一面を持ち合わせ、慶派のリアリズムとは別次元の造形美にあふれていた。特に両面宿儺(すくね)坐像は秀逸で、菩薩などが割と平面的で温和な顔付きであるのと対極にあり、立体的な憤怒の形相で圧倒的な存在感を発揮していた。これって国宝級なのでは? 千手観音の一手一手もじっくり見てみたかった。

続いて平常展へ。


総合文化展 11室

全体的には地味だったような・・・・正直あまり覚えてないというか・・・・

入ると現在は上野動物園にある五重塔に安置されていたという釈迦如来。

続いて円空と木喰。円空は先ほど沢山拝観してきたので、この像はあまりインパクトなし。木喰は円空のようにデフォルメ造形だが、円空が角ばってる感じなのに対して、流麗さが加わり丸みがあるのが特徴。しかし、木喰は円空に影響を受けたんだろうと想像する。

この後はほぼ以前に拝観済みの仏像ばかり。中心には三十三間堂の千手観音。沢山のデフォルメ仏の後に見る仏像群は、何となく作りこみ過ぎのようでもあり、うまくて綺麗すぎるようにも見えてしまい変な気分。しかし、湛慶の千手観音はやはり素晴らしく、時代や形は違えどどれも逸仏は逸仏。



今回の東博は・・・・久々でちょっと期待し過ぎたかも。

東博オールスターズ

先週の鎌倉は雨だったが、今日は晴れてよかった。

東京国立博物館
11室 140周年特集陳列 館蔵仏像名品選



今回の展示は館蔵仏特集ということで・・・・全て撮影可能!
こんなの初めてやぁ~~~(節度はわきまえてネ、節度は・・・・)

《レイアウト》



取りあえず全部撮影してみた。



その場ではうまく撮れたつもりだったが、相変わらずピンぼけ多数でガッカリ。
しかし、100枚くらいは撮ったかもしれない・・・・(節度はどうした?)



どれも一度は拝観しているが、今日のところはこの5躯が良かった!


愛染明王は技術的な完成度もさることながら、色も模様も装飾品も厨子も完璧なまでに残っていて、ほぼ往時のままの状態であることが凄い。入口付近の菩薩立像も同様だが、今回は愛染明王のほうがグッときた。


そして帰宅してからトーハク仏像選手権に「愛染明王」を投票。今のところ、2位につけてる。


ちなみに1室は西大寺・釈迦如来、薬師寺・聖観音レプリカ、3室は本證寺(愛知)・聖徳太子がそれぞれ展示してあった・・・・が11室のインパクトが強すぎて、もうサラッと見て終了。




大満足で東博を後にし、帰り際は東博帰りの3回に1回くらいは立ち寄るココへ。

両大師


入ってすぐ右側にある阿弥陀堂の「ふぞろいの三尊」(勝手にこう呼んでる)



いつもは閑散としてるのだが、今日はお参りに来ている人が10名以上いただろうか、少し賑わってた。本堂の扉も開いていて、少し中まで入ることができた。中央の厨子は閉まっていたが、その前に如意輪観音(たぶん)、両脇は不動三尊(左右で2組)。

重文の黒門はまだ工事中、でも覆いは取れてたのであと少しで完了か・・・・・


久々に充実した探仏デーだったな。

夏の風仏詩、今年の主役は康円!

昨日の続き。三井記念美術館の後は前回と同様にこちらへ


東京国立博物館




◆11室

<クリックで拡大>


帰宅後、撮ってきた画像を見てビックリ・・・・・殆どがピンボケ・・・・ありゃりゃ。ということで小さくして誤魔化す。入ってすぐの半跏の①菩薩は横からのアングルもなかなか。国宝の⑦広目天(浄瑠璃寺)はいつ見ても素晴らしい、この中では一番の存在感。反対側の⑪不動明王は動きがかたい。他に画像にはないが涼しげな⑧十一面観音(薬師寺)が印象的。入口付近にあった十一面・天王・釈迦・不動はあまり覚えてない。

メインは定朝様の⑫阿弥陀如来、取り巻きの⑬四天王。阿弥陀は地味な印象ながら穏やかな顔立ちで癒し系。一方の四天王は画像ではまったくわからないと思うが、動きが生き生きとしたリアル仏、文化庁所蔵ということだが、まだまだ未公開仏のストックがありそうだ。



◆14室 運慶周辺と康円の仏像

<クリックで拡大>


東博・夏の風仏詩である慶派祭(勝手に命名)。レギュラーの①②大日如来×2躯(運慶・作)は、快慶・大日如来を見てきた後だったが、大きさが異なるのであまり比較する感じではなく、こちらはこちらで個性的。④十二神将は全部揃ってないので今ひとつだった・・・・今回展示がなかった旧・浄瑠璃寺の十二神将は単躯でもそれなりに見応えがあるのだけども・・・・。そして①~④の5躯以外は全て康円・作!⑥愛染明王は均整が取れてるが運慶・湛慶の力動感なし、と説明文で叩かれてる・・・・そんなに辛口批評しなくても、といつも思ってしまう。まぁ、運慶の孫であることの宿命か・・・・頑張れ、康円!と言ってもこれ以上は頑張りようはないが。

⑦~⑪文殊五尊は、文殊菩薩と従者で別々になってて、文殊も獅子から降りてたがこの展示方法で見るのは初めて。文殊の光背も今回初めて目の前で見ることができ、下部の左右に迦陵頻伽(かりょうびんが)が舞ってて優雅な雰囲気、上部には五つの梵字が配置されてて中央が文殊の梵字である「マン」だったので恐らく五尊を表してるものと想像。文殊の髪型は五髻になっていて、それぞれの髻に如来が乗っかってるのことに初めて気づいた(今更)・・・・いつも髪先が尖ってるなぁとは思っていたのだが・・・・・五髻は五智五仏を表してる、との事。

運慶仏×2躯、康円仏×8躯が一堂に・・・・贅沢な空間、是非来年以降も続けてほしい。
(この展示は17日まで)


◆1室/3室/T1室
その他の部屋にもいくつか・・・・1室の薬師如来は平安仏。3室の地蔵菩薩(浄瑠璃寺)はなかなかのイケメン地蔵、浄瑠璃寺には九体阿弥陀堂にも地蔵菩薩がいるがあちらは《子安地蔵》で、こちらは《延命地蔵》。特別1室は『秋の特別公開 贈られた名品』と銘打って寄贈品を展示。阿弥陀如来は鎌倉時代の永仙という仏師の作、三尺阿弥陀だが慶派とは違った趣き。



総合文化展(平常展)でもこれだけ見れれば大満足。康円は残存する仏像が多いものの小ぶりな作品が殆どで動きがまとまり過ぎてるという理由で今ひとつ評価が高くない。できれば<世田谷観音・不動明王および八大童子も合わせて展示してもらえればその実力のほどがわかろうというもの。運慶の父・康慶の興福寺・不空羂索観音坐像、運慶の息子・湛慶の三十三間堂・千手観音坐像のような大作があれば、運慶の孫・康円としてもう少し評価されるかも。

ボストン美術館展で快慶仏に出会った

3ヶ月更新が滞っていたが、特にイベントがなく・・・・
GW真っ只中、満を持して東博へ!


東京国立博物館
東京国立博物館140周年特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝
11時少し前に到着、既に20分待ちの列。

並んでる最中に雨がパラパラ降ってきたが、その後すぐに入場。

展示室に入るといきなり仏画・仏像のセクション。仏画は人だかりがしていたので、取りあえず飛ばして仏像のほうへ。人はいるが割とすぐに前があいて回転が良い。いきなり、快慶のデビュー作(?)の弥勒菩薩。想像より小さかったが、東大寺の阿弥陀如来・地蔵菩薩と同じくらいの大きさだろうか、金が眩しいくらいに良く残ってる。表情は若干大人しめ、まだ快慶らしさがバリバリでている感じではないが、このうえなく優美な逸仏。元々、興福寺にあったようだが、どのお堂に安置されてたものか。国外に出てしまったとは言え、状態良く残っていて◎

その他は平安時代のガッチリした体格の菩薩立像、錫杖を斜めに持つ円慶(慶派と思われる)の地蔵菩薩、快慶仏を模したと思われる奈良仏師・康俊作の僧形八幡神の3躯。
仏像はこの4躯のみ。

どのセクションもかなりの人だったので、全体をかいつまんで見た感じになってしまったが、一番ツボだったのは最後のセクションの曽我蕭白(そがしょうはく)。その「奇才」ぶりを如何なく発揮した作品の数々。特に「風仙図屏風」(上)、「龐居士・霊昭女図屏風 」(下)の2点がインパクト大!漫画チックな感じもあり、人物もどこか飄々としているが、細部へのこだわりも物凄い。時間が許す限り隈なく見ていたい感じだった。帰り際にミュージアムショップで小さめの作品集を購入、この後ゆっくり見る予定。




続いて本館へ移動。


本館11室
入るといきなり新たに重要文化財指定されたばかりの高野山金剛峯寺・深沙大将(「じんじゃだいしょう」と発す)。こちらも快慶・作と考えられる。ドクロの首輪を下げ、左腕に蛇が絡み、象の膝当て、臍の辺りには人面(?)、大きく翻る衣に金剛力士のようなポーズ・・・・異様な緊張感を漂わせている。この前に立つ人は必ず「ワァ、これ凄い」と驚いている。高野山まで行かなくても拝観できたのはラッキー。相棒の執金剛神も一緒だったら更に良かっただろうけど、それはまた今度の機会に。
<撮影禁止のため画像はWEBより>


大田区蔵の帝釈天(左から3番目)と不動明王(左から2番目)、如意輪観音(左)と続く。法隆寺の不空羂索観音(画像なし)は腕が1本欠失。入口から見て右サイド奥にはこちらも文化財指定された弥勒仏(右)、頭髪が青い。

薬師如来(左)は以前も拝観済み。左サイドには毘沙門天(中)、吉祥天(右)、そして新規文化財指定の天王立像(画像なし)。

メインは重要文化財に指定された曹源寺・十二神将が巳神を中心としたフォーメーションで居並ぶ。以前は撮影OKだった一群だが、今回は撮影NGになっていた。文化財指定されると扱いが変わるのか・・・・・ちょっと残念。せっかくカッコよく並んでるんだらから記念に1枚欲しかったけど。ウロ覚えだけど↓こんな感じだったような・・・・レイアウト図と違う気もするが



その他・・・・・

本館1室
西大寺の釈迦如来。お久しぶり、相変わらずの吊り目。



本館特別2室・平成24年 新指定 国宝・重要文化財
11室にも4組の新指定仏があったが、こちらにも。

気になったのは2躯。千手観音は横幅が広~いのが特徴的。鎌倉時代の愛染明王も良仏。



ボストン美術館展の4躯より、11室の快慶・深沙大将のインパクトが強かった。
久々に良仏に巡り会えた日だったなぁ。

駈込み探仏②:総合文化展

昨日の続き。

東京国立博物館
総合文化展
こちらは年明けの2月5日まで展示替えがないようなので駈込みというわけではないが・・・・
前回訪れた時からは総入れ替えになってた。なお本館2階は来週から閉室となる模様。


本館11室
仏像レイアウトは以下の通り。<クリックで拡大>



入ってすぐの菩薩像はいつ見ても美しい。そして、今回の(個人的な)目玉は2躯の愛染明王、右に東博像(旧・内山永久寺)と神護寺像(康円・作)。東博像はアクセサリを身に付けゴージャスな雰囲気、一方の神護寺像は光背がない状態で展示されており、いつもと違う雰囲気で◎。神護寺蔵は西大寺像と同じくらいの大きさだが、東博像はひと回り大きく、光背もありガラスケースいっぱいになってる感じ。文殊菩薩(善円・作)は小ぶりだが凛々しい。弁才天は頭上におじいさんがトグロを巻いてて面白い。これは宇賀神という人頭蛇身の神様らしい。

奥の檀では薬師如来不動明王千手観音が撮影可能だった(千手は手ブレでボケてるけど・・・)。薬師は法隆寺西門前の個人から購入とあった。不動は天地眼など典型的なスタイル。その他としては法隆寺・阿弥陀如来は説法印を結んでいたが、左右の目が違う形をしてて面白い面容、左隣の阿弥陀三尊は定朝様、反対側の聖観音菩薩はバケツ宝冠を被り像の中央には大きなヒビあり(寄木の継ぎ目だと思うが)。

メインは妙法院(三十三間堂)の千手観音、いつもの3躯。40号(湛慶・作)/493号(院承・作)/504号(隆円・作)と慶派・院派・円派から1躯ずつのセレクト。慶派は写実的、院派は保守的、円派はその中間・・・・という解説だったがどうだったかな?四十二手の持物や手の位置や印相などはすべて同じ仕様(当たり前か)・・・・ただ慶派仏は衣文の皺が少し多かったと思う。大きな違いは顔の表情と横から見た時の胴体の厚み。


本館1室
ミュージアムショップを覗いて、次の目的地に向かおうと思ったが、2階をチェックし忘れたので行ってみる。あぁ、来てよかった・・・・旧・高山寺の日光菩薩がいた。薬師寺・聖観音菩薩のレプリカもあった。この後、いつもなら3室も覗いてみるのだが、そのままここで退館してしまった。後で確認したところ3室には、仏像ではないが當麻曼荼羅や園城寺・不動明王八大童子などの絵画があったようで、ぜひとも見たかったなぁ・・・・何で行かなかったんだろう。



東博はここで終了。続いて1時間半かけて横浜へ向かう。
続きはまた明日。

駈込み探仏①:法然と親鸞展

駆け込みで行ってみた!まずは上野から・・・

東京国立博物館
法然と親鸞 ゆかりの名宝

最終日だけあってそこそこの人・・・・と思ったら中は人・人・人・・・・

前半は書などが中心だったが、展示ケースの前は人だかりで何だか全然わからない。なので、まずは仏像だけチェックして歩く。レイアウトは以下の通り <クリックで拡大>

浄土宗・浄土真宗というだけあって、仏像は阿弥陀如来と僧像が中心。やはり阿弥陀仏が気になる。前半には3躯の阿弥陀如来。今回の展示のフラッグシップである浄土宗像は部分的に金が残り、快慶の作風(安阿弥様)に近いが、弟子筋あたりの作か。確か真言宗の寺から浄土宗に譲渡された仏だったと思うが、一体移籍料はいかほどだったのか・・・・そんなことはどうでもいいが、これから先は宗派の拠り所になること間違いなし。続いて興善寺像も同じく安阿弥様、衣が少し黒っぽいように見えた。作風は極めて快慶に近い・・・・というよりこれは快慶なのでは?大念寺像は少し小さめで作風も少し違った印象。肉髻の盛り上がり方も若干異なる。

後半は知恩寺の阿弥陀如来が登場!こちらも快慶・作とする説があるが、展示説明では断定はしていなかった。京都・遣迎院像と共通点が多いとのことだが、先ほどの興善寺像とも似てる・・・できれば並べてほしかった。そして浄光明寺の阿弥陀三尊が登場!数日前に浄光明寺に行ったっけ・・・・何も見ずに帰ってきたけど・・・・堂々たる中尊と、細面の脇侍が対照的。次は是非お堂で拝観したいものだ。

善重寺・聖徳太子像は色が良く残り精悍な感じが◎。圓福寺・阿弥陀三尊は・・・・あまり記憶に残ってないなぁ・・・・その隣の常敬寺・阿弥陀如来は説法印で釈迦如来っぽい雰囲気。お顔の雰囲気が戒光寺の丈六釈迦如来と似てる気もする・・・・出品目録を見たところ、まだ称名寺・阿弥陀三尊があるはず・・・・いくら探しも見つからない・・・・近くにいた館員の方に尋ねてみるとその方も「?」状態・・・・近くを探してくれたのだが何と目の前にあった!10cmほどの小仏・・・・見つからないはず・・・・ちなみに両脇侍が中腰っぽくなってる来迎形だった。

そろそろ人が引いたかな、とスタート地点に戻ってみたのだが人が更に増えてて入口付近は動くこともままならない・・・・ということで諦めて、人をかき分け先に進んで再度仏像群だけ拝観して終了。五木寛之・作の『親鸞』を読んでいたこともあり歎異抄とかいろいろ見たいものもあったが、そもそも最終日にそれを望むのが無理。仏像に関しては快慶系の阿弥陀仏三体が◎、僧像は法然・親鸞以外はまったく知らないキャラだったんであまり良くわからなくて残念。


この後、総合文化展を拝観したが・・・・続きはまた明日。

東博と寛永寺

朝から車を飛ばして上野まで。いつもなら電車を乗り継いで2時間のところ、日曜ということもあり道もスイスイ、1時間で到着。10時頃だったので公園の駐車場もまだまだ余裕あり。

・・・ということで久々の探仏スタート! まずは・・・


東京国立博物館

最近、「トーハク?」キャンペーンで盛り上がってるかどうかは知らないが、特に混んでる様子はない。本来であれば「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」展も見るべきなんだろうが、いつも通りに平常展のみに・・・・・名称が総合文化展に変わってた。内容は変わってないんだろうけど。

さっそくいつも通り本館・11室へ直行。レイアウトと展示仏一覧は以下の通り。(クリックで拡大)



①醍醐寺・聖観音菩薩は小ブリでズングリで顔が四角いが衣文の彫りが素晴らしい良仏。続いて②十一面観音は談山神社由来でトーハク一押し仏だったみたいだが、あまり記憶にない。③十一面観音は顔面が後の時代に彫りなおされてるところが惜しいがバランスは◎。

不動明王は動きが少ない。ここからは殆ど撮影禁止。⑤西大寺・如意輪観音は楽しみにしていたのだが、想像と違って六臂・立膝スタイルでなく二臂・半跏で、西大寺・聚宝館で見た仏とは違って残念。

向かって右サイド、⑥観心寺・聖観音はバケツ型宝冠を被るタイプ、奈良博の如意輪と雰囲気似てるかも。⑦秋篠寺・十一面は以前も拝観、⑧櫟野寺・十一面は頭上面が全て欠失しており聖観音状態。

左サイドは四天王がバラバラで4体。真ん中の⑩道成寺・毘沙門天は持物が無いため「こちらにどうぞ」のポーズに見える。どれもあまり自分の好みではなかったかな。

一番奥は⑬三十三間堂・千手観音×3体也。

続く12室は漆工の部屋に変わってしまい仏像は無し。上階の1室では西大寺・釈迦如来(塔本四仏のうち)に再会。大田区蔵・十一面観音や3室の不動明王はなかなか良仏。


その他の部屋も少し回ってみた。石川光明作・「野猪」は結構リアルで良かった。


久々の東博だったが、今ひとつだったような・・・3月後半の展示替えに期待しよう。
ミュージアムショップで書籍をいろいろ探してみたが、こちらも成果なし。
上野恩賜公園内を通って駅に向かう。

途中、上野大仏を発見!これまで何度も通ってたはずだが見つけられないでいた。公園内のメインストリート沿いにあったんでビックリ。今までどこ見てたんだ・・・でっかく「上野大仏」って書いてあるじゃん。階段を上るとパゴダがあり脇には大仏顔のレリーフ。上野大仏のお顔は画像で見てた通り飄々として個性的。

パゴダの中は薬師三尊。時鐘堂(時の鐘)→五條天神社の鳥居→清水観音堂と進む。

来月秘仏公開があるようだ・・・・・でも平日か・・・無理そう・・・っていうか無理!


さて、前哨戦はここまで。昼食後に次の目的地へ向かう。
続きを読む